読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

算譜王におれはなる!!!!

偏りはあると思うけど情報技術全般についてマイペースに書くよ。

ことりんの例外

Kotlin

※下記URLのサイトを参考にしました。英語、または技術的な知識が至らず、内容に誤りが含まれるおそれがありますので、ご了承ください。
※本エントリは参考サイトの翻訳をベースに、加筆・変更を施した構成となっています。

参考サイト http://confluence.jetbrains.net/display/Kotlin/Exceptions

Kotlinの例外は、その他の言語とさほど違いはありません。Javaとの主な違いは、Kotlinではチェック例外がないことです。

例外クラス

Kotlinでは、すべての例外クラスはExceptionクラスの子孫です。すべての例外はメッセージとスタックトレース、そして任意の原因を持ちます。

例外オブジェクトを投げるには、throwを使用します。例外を捕捉するには、tryを使用します。0個以上のcatchブロックと、省略可能なfinallyを置くことができますが、少なくとも1つのcatchまたはfinallyが存在する必要があります。まぁここらへんはJavaと一緒ですね。

tryは式であることに注意してください。つまり値を持てるのです。

val a : Int? = try { parseInt(input) } catch (e : NumberFormatException) { null }

http://confluence.jetbrains.net/display/Kotlin/Exceptions より引用

このfinallyのないtry式が「返す」値は、tryブロック内の最後の式か、catchブロック内の最後の式となります。