読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

算譜王におれはなる!!!!

偏りはあると思うけど情報技術全般についてマイペースに書くよ。

Kotlin M13で追加されたlateinit試してみた

Kotlin マイルストーン13 がリリースされました!

blog.jetbrains.com

その中で追加されたlateinitというプロパティにつける修飾子が便利そう。 プロパティの初期化を先延ばしにできるので既存のフレームワークにインジェクトしてもらえるって寸法です。

「プロパティの初期化の先延ばし」っていうとDelegated propertyを思い出すけど、これには問題があったのでした。。

ということでlateinitを試してみました。

import com.google.inject.Guice
import javax.inject.Inject
import kotlin.properties.Delegates

class Greeter {
  fun greet() {
    println("Hello")
  }
}

class Client {
  @Inject
  lateinit val greeter1: Greeter

  @Inject
  val greeter2: Greeter by Delegates.notNull()
}

fun main(args: Array<String>) {
  val injector = Guice.createInjector()
  val client = injector.getInstance(Client::class.java)
  client.greeter1.greet() //=> Hello
  client.greeter2.greet() // IllegalStateException thrown
}

Google Guiceでインジェクトしています。 lateinitが付いているgreeter1は見事インジェクトされています!しかし、Delegates.notNull()をつけているgreeter2はインジェクトされておらずgreet()呼び出し時に初期化が済んでないよと例外が投げられてしまいました。

そのほかの変更点についてはまた後ほど。

ちなみにこれならいける

var greeter2: Greeter by Delegates.notNull()
  @Inject set