読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

算譜王におれはなる!!!!

偏りはあると思うけど情報技術全般についてマイペースに書くよ。

LINE BOT「親切なDおじさん」を開発したよ〜

Web API プログラミング その他

f:id:ngsw_taro:20160413080231j:plain:w240

LINEのBOT APIがTrialとして無料で個人で使えるようになったので、さっそく試してみました。

つくったもの

某テーマパークのアトラクションの名前をつぶやくと、その待ち時間や運転状況を教えてくれるBOTを作りました。 その名も「親切なDおじさん」! 検索用IDは公開していませんが、一部の友人には教えています。 完全にネタで、実用性があるかと言われると...なさそう。

このBOTよりももっと便利な「夢と魔法の待ち時間」というAndroidアプリを趣味で作っているので、 実際にパークで活用したいなら、そちらをぜひ。

最初の構成

さくらのVPSを利用しているので、そこに載せるつもりでした。 Let's Encryptという、無料でSSLサーバ証明書を発行できるサービスを使えば上手くいくものだと思っていました。 が、他の多くの方々と同じように、Let's EncryptがLINE APIで使えないことがわかり、自分のサーバでやることを諦めました。

アプリ側は、Kotlin + wasabiで開発するつもりでした。 wasabiは、Kotlinで記述されたKotlinのための、Sinatraインスパイア系Webフレームワークです。 まだ開発途上にあって、生のリクエストボディを取得できない問題があって(調査不足かも。ご存知の方教えて><)使うのを断念。。 次にSparkApache Sparkじゃないよ)という、これまたマイクロなフレームワークを使おうとしました。 実際使ったのは今回が初めてでしたが、素直で使い易い印象を受けました。

結局

Herokuを使いました。 これでSSLはクリア。

次に、サーバのIPアドレスホワイトリストとして、LINE APIのダッシュボード上に登録する必要があります。 すなわちIPアドレスが固定である必要があります。 どうやらHerokuはIPアドレスが変わってしまうことがあるらしいので、Fixieというアドオン?というかサービスを経由してAPIを叩くことにしました。

で、次に問題になったのが、Java(Kotlin)でのSSL対応プロキシ。 面倒だし難しいしで、結局Javaからは離れることにしました。 最終的に、生JavaScriptExpressに落ち着きました。

雑感

SSL証明書固定IPアドレスさえ乗り越えれば、API使うだけなので簡単でした。

現状、TrialのLINE BOT APIには制限があるし、マネタイズとか難しそうでオモチャの域は超えないから、Herokuやらに課金するモチベーションにはならないかもです。

個人的には、通常ユーザとBOTが対等じゃないのが好きじゃないですね。 Twitterみたいに、通常ユーザとしてアカウント作って、そいつが自動で動く、みたいな方が面白いし、何かと融通効きそう。

あと、グループトークにBOTって追加できるんですかねぇ?